新着情報

受験前にチェックする

受験勉強などに励んでいる方も多いでしょう。受験の前には勉強以外にもチェックしておくポイントがあります。まずは、志願理由書を書く流れについて覚えるようにします。それから志望理由書について見ていきましょう。また、学校選びのポイントはランキングで紹介していきます。

志願理由書を書く流れ

自分を知る

まずは、自分を知ることから始めます。自分のことが分かっていないと、しっかりとしたアピールができないからです。早速自分を見つめ直してみましょう。

長所や短所

自分のことが分かれば、長所や短所が見えてきます。長所について、しっかりと説明できるようにしましょう。また、短所をどう克服するかも考えます。

志望校について

自分のことが分かれば、次は志望校について考えます。自分の志望校がどのような学校なのか、しっかりと把握しておくようにしましょう。

理由をまとめる

ここで志望する理由をまとめます。何がしたくてその志望校を選んだのか、はっきりさせると良いでしょう。きっと、しっかりした理由が見えてきます。

書きこむ

志望理由をまとめたら、志望理由書に書き込みます。自分のアピールも忘れないようにしましょう。要点を綺麗にまとめるのがポイントとなります。

学校選びのポイントランキング

no.1

校風や教育方針

1位は校風や教育方針がランクインしています。どのような学校でどのように教育しているのかを気にする方は多いです。学校の校風や教育方針が自分に合っているのかチェックしておくようにしましょう。

no.2

通学時間

2位には通学時間がランクインしています。学校までの通学に、どれくらい時間がかかるのかを重視しているのです。通学時間が長くなると、不便な部分が増えてきます。丁度良い距離の学校を見つけましょう。

no.3

進学率

進学率が3位にランクインしています。進学率で学校を選ぶ方は多いでしょう。将来のことを考えた学校選びだといえます。また、進学率が高い学校では、より充実した勉強をすることができるのです。

no.4

偏差値

4位には偏差値がランクインしています。偏差値が高いと、進学や就職に有利に働くでしょう。基本的に自分の価値を示すこともできます。偏差値の高い学校を選ぶ方も少なくないのです。

no.5

男子校・女子校

5位は男子校・女子校です。性別に合わせてどちらかを選ぶことができます。基本的に女子は女子校を選ぶ傾向があるといえるでしょう。男子の方はあまりこだわらない方が多いとされます。

[PR]

岡山で中学受験の対策
コースを事前にチェック☆高校受験なら大阪で塾選び
利用したいところが見つかる

志望理由書について

先生と学生

どこの学校でも必要

基本的に志望理由書はどこの学校でも必要となります。高い確率で提出が求められるのです。基本的にAO入試や推薦入試に必要な書類となります。また、エントリーシートや自己推薦書など、別の呼び方をされることもあるでしょう。AO入試や推薦入試を考えているなら、書き方を覚えておかなければなりません。

合否の判定に影響

志望理由書は合否の判定に大きな影響を与える書類です。しっかりと書き込むようにしましょう。中学受験を考えているなら、勉強以外にも力を入れて置く必要があるのです。志望動機をきちんと書きこむことで、良い評価を得ることができます。面接試験でも志望理由書を使用するので覚えておくと良いでしょう。

[PR]

広告募集中